サインイン
サインイン

特徴

Proofasの特徴に関するページです。Proofasが他ツールと比較して違うポイントなどを紹介しています。

ProofasはWebサイトの
コンテンツチェックを機械化し、
誰でも簡単に不具合箇所の
特定ができます。

コンテンツチェックにありがちな担当者の属人化や
大きなタイムロスをなくすことによって、
コンテンツチェックに関する
作業効率化を実現します。

よくあるお悩み

こんなことで
お悩みではありませんか?

  • 人手による確認は手間がかかる上に見落としがち
  • リンク切れの検出を一つ一つ確認する時間がない
  • レイアウトのチェックまでできるツールを探している
  • 自社で気付いていなかった不具合箇所を顧客から指摘された
  • レイアウト崩れの修正方法がわからない
  • 安く、確実にコンテンツチェックを実施したい
  • 複数のWebサイトを確認する際に非常に時間がかかっている
  • 外部に委託しているコンテンツチェックの費用を削減したい
私達が選ばれる3つのポイント

Webサイトの運用における
コンテンツチェックは機械化するもの。
Proofasは目視チェックに近い
確認作業まで実施します。

  • スクリーンショットの画像比較を行い、差分からデザイン崩れを検出します。
  • トップページのURLを指定するだけ!リンク切れも自動で検知します。
  • Webサイト更新後のチェック作業にかかる負荷を大幅に削減します。
ポイント1

スクリーンショットの
画像比較を行い、
差分からデザイン崩れを
検知します。

Proofasのコンテンツチェックは実際のブラウザ環境で実施しています。ユーザーが閲覧した際と同じコンテンツを確認し、コンテンツの差分やデザイン崩れを表示することができます。

ポイント2

トップページの
URLを指定するだけ!
リンク切れも
自動で検知します。

Proofasがチェックを実施する上で必要な情報はトップページのURLのみ。少ない操作でサイト全体を自動で検知することができます。

ポイント3

Webサイト更新後の
チェック作業にかかる負荷を
大幅に削減します。

ProofasはWebサイトを更新する上で作業時間の大半を占めるWebサイトのチェックを自動化することによって、作業担当者の拘束時間を削減し、本業に専念することができます。

よくあるご質問

よくご質問いただく内容を
ご紹介します

コンテンツチェックにかかる時間はどれくらいですか?
サイトの規模により異なります。ページ数が多い場合や、スクリーンショットのサイズが大きい場合には時間がかかります。
ベーシック認証がかかっているサイトのコンテンツチェックはできますか?
ベーシック認証がかかっているサイトのスキャンには対応しておりません。
特定IPアドレスからのアクセスに対して、ベーシック認証を要求しないような設定をしていただくことによってスキャンが可能となります。
ProofasのIPアドレスに関しては「サービス仕様書」をご参照ください。
認証のあるページのコンテンツチェックはできますか?
Webアプリケーションなどでログインが必要なページはスキャンできません。
コンテンツチェックの範囲は制限できますか?
スキャン範囲のフィルタ機能で制限することができます。
対象Webサイトの中で、スキャン対象を絞り込む、もしくはスキャン対象から外すURLのパターンを指定します。